×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

歩きスマホの危険性について
妊娠時のつわりについて記しています。
ホームボタン
歩きスマホの危険性について

歩きスマホの危険性について

歩きスマホは絶対に危険な歩き方と言っていいほど危ない。前を向いて歩いていないのだから当然のことではあるが、歩行者に対しては警察も厳重に注意できないのであろう。

以前我が家の車庫入れで後退時に歩きスマホをしている女性に接触しそうになった事があった。危ないと注意をしたら、こっちがきちんと見ればいいでしょうと開き直り、誤りもしなかった。

実際使用している方はどう思っているのだろう、学生や女性を多くみるが、年配の方々は歩きスマホはしていない。家庭の中でも注意を日頃から注意を促していれば常識ある人間であればやってはいけないことと分別がつくはずである。

夜間の歩行で通話をしながらの女性も見受けられるが、こちらは防犯対策としては良い手段だと思う。

歩きスマホに対しては、すれちがう側が避けて通っていることや、車にのっていても近くに寄らないなど、要注意しながら対応している。

やはり一番の対処方法は、マスコミやCM広告等で大々的に歩きスマホに対しての危険性を促すこと。民事的に罰金等の課金を歩行者に対しても有効的に扱うべきだと思う。

▲ Page Top

Copyright (C) 2014 furlamall.client.jp|つわりでも仕事は休めない?【妊娠時の悪阻がひどい時】 All Rights Reserved.